おいしいお茶「緑茶(八女茶)など」の入れ方






おいしいお茶の入れ方お茶の種類


1. お湯は一旦十分に沸騰させ、お茶の種類に合わせて温度を調節します。
(玉露=50〜60度、煎茶・かりがね=80〜90度、玄米茶・ほうじ茶=100度)
2. 湯のみ・急須はあらかじめ温めておきます。
3. 急須に人数分の茶葉を入れ、茶葉がヒタヒタにつかる程度にお湯を注ぎます。
(茶葉の量は少し多い目に。3人分で大さじ2〜3杯が目安です。)
4. しばらくしてお茶の色、味が均等になるよう少しずつ湯のみに回しつぎます。急須にお湯を残さないのが二煎目を楽しむポイント。最後の一滴まで注ぎ切ってください。
※熱湯でやけどしないよう、取り扱いには十分ご注意ください。



玉露 新芽が出る頃から茶樹に覆いをして育てられた最高級のお茶。ふくよかな香りと甘露なうま味が特長です。
煎茶 日本で最も一般的に飲まれているお茶。さわやかな香りと味わいが楽しめます。
かりがね 茎の部分を利用して作られます。すがすがしい香りとまろやかな風味が身上です。
玄米茶 茶葉によく炒った玄米を混ぜたお茶。玄米の香ばしい香りとマイルドな口当たりが楽しめます。
ほうじ茶 茶葉を強火で炒って作られます。さわやかな風味と香ばしさが特長です。




上記以外でお茶に関する事なら何でもご質問を受けます。
下記フォームからご記入の上、送信して下さい。


お問い合わせフォーム
(c) 2003. Ochano Tsurukameen all rights reserved.